コンパクトで軽量なおすすめLEDランタン5選

アウトドア

みなさんこんにちはぺぺろです。今回はぺぺろが購入したコンパクトで持ち運びやすいソロキャンプにおすすめのLEDランタンを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

snow peak(スノーピーク) たねほおずき

サイズ62mm×75mm
重量57g
電源単4電池×3
連続点灯時間【Hi】60時間 【Low】100時間
保護等級IPX4

たねほおずきはスノーピークから発売されている手のひらに収まるコンパクトなLEDランタンです。同じくスノーピークから発売されているほおずきランタンのミニバージョン。防水機能はIPX4なので多少水滴が付くくらいなら問題ない仕様となっています。

本体上部がマグネットループになっているのでこのように吊り下げて使うことができます。

使用電池は単4電池3本で、エネループも使用可能です。

NoBox ミニグローブライト

サイズφ3.8cm
重量約90g
明るさLowパワー:12lm、Hiパワー:40lm
連続点灯時間Lowパワー:4.5時間、Hiパワー:1時間
電池リチウムポリマー電池3.7V/電流120mA
保護等級IPX6

このLEDランタンの特徴は約90gと軽量でコンパクトなところです。IPX6と防水性に優れているので雨の日のお散歩やキャンプなどで気軽に使うことができます。

ピンポン玉と比較してみるとこんな感じです。この小ささで最大40ルーメンの明るさで周囲を照らすことができます。

GOAL ZERO(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro

サイズ3.81×3.81×8.89
重量約72.6g
明るさ最大150lm
連続点灯時間7~170時間
電池リチウムイオン電池
保護等級IPX6

ゴールゼロLighthouse Microは約93×37.75mmとコンパクトな軽量設計ながらも耐水性に優れており最大150ルーメンのLEDライトを搭載。最大170時間の点灯が可能となっております。

残量はLEDインジケータがついており4段階で残量が分かるようになっています。

LEDの半分が点灯するエコモードも搭載されているので残量を見て光量を調節しながら使うことができます。

GOAL ZERO(ゴールゼロ) Crush Light CHROMA 

サイズ125×125×100mm(折りたたみ時/125×125×15mm)
重量91g
明るさ最大60ルーメン
LEDカラー/7色(グリーン、ブルー、ダークブルー、オレンジ、マゼンタ、レッド、ホワイト)
連続点灯時間約3時間(最大電力時)、約35時間(低電力時)、約3.5時間(キャンドルライト時)
電池リチウムイオン電池
保護等級IPX4

Crush Light CHROMAは折り畳み式のLEDランタンです。IPX4の防滴仕様です

ランタン上部にはソーラーパネルが搭載されており、充電方法はUSB充電とソーラー充電の2通りあります。

Crush LightシリーズはCrush LightとCrush Light Cromaの2種類の展開となっています。

ぺぺろの所有するCrush Light Cromaの特徴は7色のカラーモード機能が搭載されていることです。他のランタンにはない個性的な機能で気に入っています。

GENTOS パネルランタンPL-400R

サイズW152.7×H111.6×D33.3mm
重量298g
明るさ7ルーメン(ナイトモード時)/ 280ルーメン(暖色モード時)/ 550ルーメン(昼白色モード時)/ 1300ルーメン(白色モード時)
使用電池専用リチウムポリマー充電池 3.7V 4,000mAh内蔵
充電時間6時間
連続点灯時間189時間(ナイトモード)/ 10時間(暖色モード)/ 5時間 (昼白色モード)/ 2.5時間(白色モード)
保護等級耐塵・耐水・1m防水仕様(IP66及びIP67準拠)

防水防塵機能の備わったパネル型のUSB充電式LEDランタンです。色調色機能搭載で白色・昼白色・暖色に光の色を変更可能。

最大光量は1300ルーメンとなっているので、メインランタンとして使用することができます。

180°可動マグネット付きスタンドが搭載されているので金属部分に張り付けて使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました